転写シール・ラベル印刷のエキスパート。切り抜きシール国内実績No.1!

偽造防止ラベル

貴社の商品を守る確かな1枚。マイクロカット・セキュリティラベル

偽造防止ラベルMSL

偽造防止ラベルMSL(Microcut Security Label)はマイクロカット・セキュリティラベルの略で、弊社の特許技術により改ざん防止用の特殊ラベルとして製作しております。細かい模様を切り抜いてデザインできるマイクロカット・セキュリティラベルは封印ラベルとしても印紙ラベルとしてもご使用いただけます。
マイクロカット・セキュリティラベルは世界で唯一の製造技術により製作された「商品に貼る 偽造防止対策製品」です。マイクロカット・セキュリティラベルには大きな3つの特徴があります。

  「模造できない」

  「目視判別が簡単」

  「再利用できない」

微細形状で出来たマイクロカット・セキュリティラベルを商品に貼ることで、その権利を守ることができます。特許取得の技術を使用した精密な形状を模造するのは技術的に不可能ですので安心してご使用いただけます。図柄は各社独自のオリジナルを製作いたします。
MSLラベル巻取り

 図柄サンプル&貼り付け見本

図柄サンプルの白い部分はすべて抜きになっています。放射状の線と文字だけで出来ています。このような形状を刃型で抜くのは不可能ですが、それをセキュリティラベルにしたのが「偽造防止ラベルMSL」です。

マイクロカット・セキュリティラベルの形状は細かい切り抜きが特徴(この模様はサンプルです。マイクロカット・セキュリティラベルは全てオリジナルデザインで製作しますので、同じデザインはありません)。右の画像は封印として貼ったマイクロカット・セキュリティラベル。

偽造防止ラベルMSLの形状は細かい切り抜きが特徴。(この模様はサンプルです。マイクロカット・セキュリティラベルは全てオリジナルデザインで製作しますので、同じデザインはありません)。右の画像は封印として貼ったマイクロカット・セキュリティラベル。

 偽造防止ラベルMSLの特徴

  模造できない

特許取得の独自技術で製作

  • 特殊技術により、細かい文字や模様の図柄をセキュリティラベルにできます。
  • 印刷材料は独自の特殊材料を使用。同じ材料の入手は不可能です。
  • 特殊行程により、偽造防止ラベルの製作機械も当社で開発したものです。

  目視判別が簡単

一度剥がすと貼り直しは不可能です

微細な図柄は剥がすことができません。 無理に剥がすと千切れるので、剥がして貼り直す事ができません。

微細な図柄は剥がすことができません。 無理に剥がすと千切れるので、剥がして貼り直す事はできません。

  • 文字や模様を使った図柄は一度剥がすと細かい部分が切れたり、図柄の一部が残るため開封したことが一目瞭然です。剥がしたラベルをもう一度再利用することは出来ません。

  再利用できない

素人が見ても目視判別できます

マイクロカット・セキュリティラベルは封を開けると破れた後が必ず残りますので、ラベルを見れば目視判断が簡単に出来ます。IC付きのセキュリティのように読み取り装置はいりません。

偽造防止ラベルMSLはラベルを見れば目視判断が簡単に出来ます。封を開けると破れた後が必ず残ります。IC付きセキュリティのように読み取り装置はいりません。

  • 封印ラベルとして使用した場合、通常のラベルとの目視判別が簡単にできます。(偽造防止ラベルMSLは読み取り装置でのリーダー判別は必要ないのでコストが抑えられます)

 柔軟なラベルだから湾曲部分にも貼れます

  • 切り込みを増やすことでセキュリティラベルの形状に遊びが出来ますので、凸凹部分がある場所に貼ることも可能です。

 他の偽造防止手段との併用

用途に応じて、偽造防止ラベルMSLは以下の偽造防止手段との併用が可能です。なお、偽造防止手段は常に新しい手法が開発されていますので、その時に応じた組み合わせが可能です。

スクリーンコード読み取りアプリ

iPhone用の読み取りアプリでスクリーンコードの情報が得られる

スクリーンコード:埋め込まれたコードをリーダーで読み取り、音声や動画などに出力する技術。iPhoneアプリでも読み取ることが出来るので汎用性が高い。

ホログラム:光の干渉縞を利用して3次元像を平面に記録する写真技術。

紫外光線:特殊発光インキで印刷した部分にブラックライト(紫外線)を当てると発色する技術。

マイクロ印字:一見、肉眼では認識できないような微小な文字を印刷する技術。

角度による変色:印刷部分が見る角度によって色が変化して見える技術。

エンボス:文字や絵柄などを浮き彫りにする加工技術。

2次元コード:携帯電話でもお馴染みのデータベース技術。

偽造防止ラベルMSL製作の流れ
偽造防止ラベルMSLは既製品ではありませんので、すべてオーダーメイドとなります。お客様の使用目的や貼る場所に応じて最適な機能とデザインをご提案いたします。

  1. 使用目的の確認

    お客様との最初の打ち合わせは使用目的の確認となります。この時点でどういった商品に貼るのか、封印タイプか証紙タイプにするのかといった初期的な診断をいたします。

  2. 偽造防止機能の選定

    偽造防止ラベルMSLだけでも十分に偽造防止手段としては高レベルですが、他の偽造防止手段と組み合わせることによって更に安心度が増します。最適な組合せをご提案いたします。

  3. デザイン打ち合わせ

    デザインはお客様のご要望に応じて製作いたします。会社のロゴなども使用できます。もちろんデザインを提供していただいても結構です。ただし機能的な所も関わってきますので当社スタッフと綿密な打ち合わせを行っていただきます。

  4. 偽造防止ラベルの製作

    機能もデザインも決まりましたらラベルの製作に入ります。製作期間は個々によって違いますので当社スタッフが製作前にお知らせいたします。

  5. 納品

    検品後ご指定の場所に納品いたします

詳しくは営業部までお問合せ下さい。
偽造防止ラベルについてのよくあるご質問はこちらへ
PAGETOP
Copyright © ミラクル工業株式会社 All Rights Reserved.